fbpx

介護タクシーコラム

おでかけ認知症カフェvol.2 ~東京多摩・埼玉編~

お出かけ

cafe02_01

「認知症カフェ」は、第一に認知症のある人、その家族たちによる交流の場ですが、地域住民同士(当然、認知症のある人も地域の一員です)の出会いの場としても期待されています。そのため、すべての「認知症カフェ」は基本的に誰でも参加できるとされています。

まだ「認知症カフェ」を体験したことがない人にもその魅力を知っていただくために、「学び」「体験」「ランチ」という切り口で3つのカフェを取り上げます。もし興味を惹かれたら、ぜひお出かけください。

国内最初のカフェ、その名も「認知症カフェ」

開催日時

第1日曜 13:30〜15:30

開催場所

東京都国立市富士見台4-8-2 やがわデイサービスセンター

参加費

無料

問い合わせ

042-569-6213(国立市在宅療養なんでも相談室)

元祖・認知症カフェ

国立市「認知症カフェ」は、オランダのアルツハイマーカフェを独自に研究し、2012年3月に始まった日本で最も古い認知症カフェのひとつです。当初は、本場に習って音楽の演奏などもあったそうですが、もっと話がしたいという参加者の希望もあり、専門家を招いて勉強会を行う前半と、テーブルごとにディスカッションをする後半という構成になりました。

専門家向けといってもいい高度な講演内容

市の真ん中に一橋大学を擁し、大学関係者も多く暮らす国立市は、市民の向学心が非常に高いことで知られます。国立市「認知症カフェ」ではそのような意識が反映され、毎回ハイレベルな内容の講演が行われています。これまでの演題は介護や認知症を主題とするものはもちろん、熱中症やインフルエンザなど一般の疾患に関する専門的な内容も多く取り上げられました。

本場に負けない熱い議論

オランダにおけるアルツハイマーカフェの誕生は、議論好きという国民性とも深い関係があると聞きます。そして国立市民のみなさんもまた、民主的な議論を好むことにかけては決して本場に引けを取りません。「認知症」というテーマを隠すのではなく、堂々と議論するためにあえて名付けられた「認知症カフェ」の場には、自分たちの街を自分たちで作っていこうという市民の熱気が満ちています。

会場はデイサービス施設

会場は南武線のJR矢川駅から近いデイサービス施設です。当然、室内やトイレのバリアフリーは行き届いており、前の道路も広いため介護タクシーの乗り降りも容易です。なお中心となって運営に当たるのは医療法人社団・つくし会の専門職スタッフなので、車椅子の取り回しなどにも慣れています。

cafe02_02

会場となるやがわデイサービス

cafe02_03

質疑応答に答える市役所担当者

cafe02_04

男性参加者が多いのも特徴

ブルーベリー果樹園で行われる体験型「にこまるカフェ・やさしい時間」

開催日時

第4水曜 14:30〜16:00

開催場所

埼玉県鶴ケ島市太田ヶ谷542-5 ベリー畑カフェ

参加費

実費

問い合わせ

049-299-7550(ベリー畑カフェ)

果樹園隣接のカフェが会場

関越道と圏央道が交差する鶴ヶ島ジャンクション近くにある「青い星印果樹園」。そのオーナー・村田夫妻が切り盛りするカフェが、毎月第4水曜日に認知症カフェの会場になっています。鶴ヶ島市の認知症カフェ施策である「にこまるカフェ」の名前を冠し、「にこまるカフェ・やさしい時間」が正式名称となります。

オーナーと友人らによるバンド演奏

「にこまるカフェ・やさしい時間」は通常営業日の午後に、認知症のある方や、その家族らが気兼ねなく参加できる日を設けるかたちで開催されます。毎回、村田さんとその友人たちによるバンド演奏が行われ、いい意味でプロとは違う温かい音楽がカフェの雰囲気を作っています。

夏はブルーベリーのシーズン

「ベリー畑カフェ」は一年中営業しているカフェですが、夏にしかできないのが果樹園でのブルーベリー摘み取り体験です。6月から9月にかけてシーズンを迎えるブルーベリーは、甘酸っぱくて粒ぞろい。積んだその場で食べることもでき、特別な思い出にできるでしょう。2018年の摘み取り体験は6月23日から始まる予定です。

バリアフリーについて

「青い星印果樹園」には広い駐車場があり、介護タクシーで来ても乗り降りできるスペースは十分にあります。また、カフェの入り口にはスロープがあり、車椅子で利用できるトイレも完備されています。ブルーベリー果樹園の中も、一部は車椅子でも入ることができるそうです。

cafe02_05

果樹園の入り口にある「ベリー畑カフェ」の外観

cafe02_06

村田オーナー(左)と音楽仲間たち

cafe02_07

夏に熟するブルーベリー

おそらく日本一入りやすい認知症カフェ「ひだまりカフェ・マクドナルド飯能店」

開催日時

第2・第4火曜、14:00〜16:00

開催場所

埼玉県飯能市中山335-2 マクドナルド299バイパス飯能店

参加費

実費

問い合わせ

042-975-3011(飯能市地域包括支援センターはちまん町)

ロードサイドのマクドナルドで認知症カフェ

東京・銀座にマクドナルドの第1号店がオープンして間もなく半世紀。世代を超えて愛され、すっかり私たちの生活になくてはならないお店となりましたが、ともに認知症というテーマに向き合ってくれる心強い店舗が登場しました。場所は、埼玉県飯能市。秩父に至る国道299号線沿いにある、典型的なロードサイドのマクドナルドです。

客席の一角で行われる相談会カフェ

「ひだまりカフェ・マクドナルド飯能店」は、地元の地域包括支援センターからやってくるスタッフが客席の一角に相談コーナーを設けて、毎回2時間ほど開催されます。お客さんは自らレジでコーヒーやハンバーガーなどを注文し、それを持って席につくことで参加することができます。空いている席によって開催する場所が少し変わることもありえますが、オレンジリングを身につけているスタッフと卓上のサインが目印となるでしょう。

バリアフリーについて

ロードサイドのマクドナルドなので、駐車場には十分余裕があり、介護タクシーの乗降に問題はありません。1階のみの店内は基本的にフラットで、通路も広く、車椅子での利用も難しくはないでしょう。さらにこちらの店舗には車椅子で入れるバリアフリートイレも完備されています。

観光のついでに立ち寄ることもできます

月2回の開催でアクセスに優れた「ひだまりカフェ・マクドナルド飯能店」は、飯能市民ではない方の参加も歓迎しているそうです。秩父からの行楽帰りに立ち寄ることもできますので、ぜひ一度認知症カフェを見てみたい、という人にもおすすめです。

cafe02_08

広い駐車場も完備されたロードサイド型の店舗

cafe02_09

このような感じで店内の一角で開催します

cafe02_10

目印はこのような卓上サインです

おでかけ認知症カフェvol.1 ~千葉編~ を読む

kosuga

著者紹介

コスガ 聡一(フリーランスカメラマン)
2011年頃より製薬企業をクライアントとする広報物など、認知症分野のポートレイトや取材写真を担当。2016年に、個人の活動として『全国認知症カフェガイドon the WEB』を立ち上げ、全国の認知症カフェに関する情報を収集、発信しはじめる。これまで訪れた認知症カフェは、北海道から沖縄県まで約120カ所に上る。

全国認知症カフェガイドon the WEB

コラムカテゴリ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone