ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)とは?

UDタクシー

ツルヤ交通(埼玉県)のUDチャリティータクシー

ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)ってご存知でしょうか?聞いたことがあるような無いような…。車いすに乗ったっま乗降できるミニバンタイプのタクシーというのは分かるのですが、イマイチどんなタクシーなのかわかりません。そこで調べてみたところ国土交通省のホームページにこのような説明が載っていました。

ユニバーサルデザインタクシーとは、健康な方はもちろんのこと、足腰の弱い高齢者、車いす使用者、ベビーカー利用の親子連れ、妊娠中の方など、誰もが利用しやすい”みんなにやさしい新しいタクシー車両”であり、街中で呼び止めても良し予約しても良しの誰もが普通に使える一般のタクシーです。※運賃料金は一般のタクシーと同じです。

UDタクシーの特徴

誰でも利用できるタクシー。というコンセプトのようですが、すべてのドライバーにホームヘルパーなど要介護者や障がい者に対して専門的な対応ができる資格があるわけではないようです。

現在タクシー業界ではUDタクシーの導入促進と並行して、各都道府県での「ユニバーサルドライバー(UD)研修」を実施して、交通バリアフリーについて一定の知識を持ったドライバーを増やすことに力を入れています。平成29年3月末現在で、ユニバーサルドライバーは全国で約31,000人に増えています。

saitama01_03
luggage

車いすでスロープからそのまま乗車できたり、スーツケースなど大きな荷物をたくさん収納したりできるのは便利です。あとは妊娠中の方、小さなお子様と乗車される方、ベビーカーを使用している方などには喜ばれそうですね。

 

これからのUDタクシー

udtaxi_img06

次世代タクシー JPN TAXI

国土交通省は平成18年に施行された、いわゆるバリアフリー新法「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」の基本方針で、平成22年までに福祉タクシーを約18,000台導入する。と計画していたのですが、導入が進まず、現在の目標は「平成32年までに、約28,000台の福祉タクシー(UDタクシーを含む)を導入する。」となっています。その中で2017年10月に発売されたトヨタ自動車次世代タクシー「JPN TAXI」は導入拡大の起爆剤として期待されています。

福祉タクシーの導入状況とUDタクシーの割合(H28)

では目標の28,000台に、今はどのくらい近づいているのでしょうか?・・・正解は、平成28年3月末現在で15,026台です。その中で13,153台がいわゆる介護タクシー(福祉輸送限定事業)の車両なので、実に90%近くが介護タクシーということになります。(※一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会調べ)

さらに国土交通省の調べでは、平成22年度末から平成27年度末までの5年間で2,770台しか福祉タクシーが導入されていません。平成32年はもうすぐなのに…。

平成32年といえば2020年、そうです、東京オリンピック・パラリンピックの開催年です。タクシー業界では、東京が先頭に立って2020年までに1万台の導入を計画しています。すごいですね。では現在UDタクシーの導入がいちばん進んでいるのはどの都道府県でしょうか?平成28年度末の全国ハイヤー・タクシー連合会の統計を見てみましょう。

    UDタクシー導入状況ランキングベスト3

  1. 第1位 神奈川県 164台
  2. 第2位 東京都   81台
  3. 第3位 静岡県   59台

現在のUDタクシーは日産のNV200バネットが中心なので、日産の本社がある神奈川が多いのでしょうか。静岡も多いですね。2020年までもうすぐ。がんばれ東京!

UDタクシーの課題

udtaxi_img05

関西国際空港タクシー乗り場

UDタクシー対応乗場の整備

UDタクシーは車いすの方が乗車するときスロープを展開するので、駅や施設などの乗場でスペースを大きくとる必要があります。しかもNV200は後面スロープ、JPN TAXIは側面スロープで、仕様が異なります。(統一すればいいのに…。)導入台数を増やすことと並行して乗場の整備が必要です。

乗降介助のクオリティ向上

車いす仕様へのシートアレンジ時間短縮(NV200で3分~5分、JPN TAXIは20分程度かかるそうです)、ていねいなスロープ乗降アシスト、ドア閉めの声掛け(NV200はかなり勢いよく閉めないとドアが閉じません。)、ステップ使用時の乗降アシスト(足腰の弱い方にとっては腰を下ろすセダンより、上って座るUDタクシーの方が辛いという声もあります。)などのクオリティ向上。

介護タクシー(福祉輸送事業限定)との連携

体の不自由な方、障がいのある方のお出かけをサポートするうえで、地域の介護タクシー事業者との連携は不可欠です。利用者の状況に合わせて連携して対応していくことで、いつでもお出かけをサポートできる環境を作ってほしいです。


介護タクシー案内所では、これからもUDタクシーの情報をコラムなどで紹介していきます。車いすの方や歩行困難な方が、ちょっとおでかけするのに便利なUDタクシーがもっと増えるといいですね。