fbpx

介護タクシーコラム

みんなのこえ vol.2

タクシー

voice2_001

vol.1からすでに半年。歩みの鈍い情報サイトで申し訳ございません。この半年間で編集部にお問い合わせいただいたお話で印象に残ったエピソードをいくつかご紹介いたします。

ちなみに予約や料金のお問い合わせには直接お応えすることができないので、希望エリアの介護タクシー事業者をご案内しています。これが本当の「介護タクシー案内所」と言いたいところですが・・・具体的なお話はきちんと介護タクシー事業者に確認することをお勧めします。

介護タクシー事業所から見た「介護タクシー」とは?

voice2_01

介護タクシーの介助料金って介護保険で定められていないんですか!?事業者によって違うとは思わなかった。料金体系が分かりにくいと利用するのをためらってしまうなぁ。クレームにつながる可能性もあるので、知らない介護タクシーは利用者に紹介できないと思ってしまう。

医療・介護業界の交流会で出会った訪問介護職員の方との会話の一幕です。利用者のお宅まで訪問する訪問介護事業は介護タクシーにあまり縁がないのですが、時折利用者の外出で使うことがあるそうです。その際やっぱり気になるのは「料金」で、特にメーター運賃以外の料金は分かりにくいようです。

介護タクシーがもっと分かりやすい料金体系になれば、安心して利用する人が増えてくるのではないでしょうか。

荒い運転

voice2_02

●●ケアタクシー、運転が荒くて危険だったのでひとこと注意をしたら口論になった。あまりにも許せなかったので車両に書いてあった電話番号に連絡してクレームを入れたら逆ギレされてしまった・・・。その人は個人事業主だったようなので、運転していたのが代表なら仕方がないのだろうか。

前回の「みんなのこえ」でもあった運転問題です。先日職業ドライバー同士で道を譲る譲らないで口論になって、痛ましい結果になった事件がありましたよね・・・。どんなに安全運転であったとしても、事故や危険な状況は起こってしまうことがあります。車はみんな安全運転で。介護タクシーの利用を検討するときは、移送時以外の運転の様子もチェックが必要?

話題のUDタクシー

voice2_03

大学等で福祉工学、ユニバーサルデザイン等についての講義をしております。その中で「UDタクシー」について大学で学生に話をしたいと思っておりまして、いくつか教えていただけますでしょうか。

介護タクシーコラム芝浦工業大学におけるUDタクシーについての授業とディスカッションを寄稿いただいた、工学博士で社会福祉士の 岡本 明 先生からいただいた最初のお問合せです。写真は岡本先生が執筆されているNPO法人「風の子会」会報の切り抜きです。みんなのお出かけ応援サイトとしてUDタクシーまで掲載情報を広げたことで、このような専門家の方からいろいろとお話を聞くことができたのは、非常に大きな経験でした。

JPN TAXIの車いすスロープ問題が乗車拒否の話題にまで加熱してしまったUDタクシー。もう一度、福祉目線を考えて物を作る技術者と一緒にタクシーのユニバーサルデザインについて考えてみるのも良いかも知れません。

3倍請求!?

voice2_04

●●地区の介護タクシー検索で●●タクシーさんが表示されますが、こちらは4月に廃業しております。相場の3倍料金でかなりブラックな業者として有名となっておりました。現在も電話だけは通じるようで、予約を受けて他業者に仕事を依頼し、3倍請求して通常料金のみを依頼業者に支払うといったナンセンスなことを行っているようです。恐らく●●地区の業者さんに確認していただければ、同様の話が聞けると思います。失礼ながら、お知らせいたしました・・・。

介護タクシー案内所は匿名の口コミサイトとは違って、投稿者の情報を確認したうえでサイト利用者の声としてご意見を紹介しています。また本件は、複数の介護タクシー事業者へヒアリングをして掲載を決めました。もし3倍請求がまかり通るとすれば、自由に設定できるメーター運賃以外の項目を高く設定していると予想できます。

私たちが適正な料金で介護タクシーを利用するには、事前にしっかりと見積を取って内容ついて理解をすること。これが何よりも大切なのだと改めて感じました。

深夜の救急車帰り

voice2_05

先日母が深夜救急搬送され、帰りの足がなかったので看護師さんが「●●介護福祉タクシー」を手配し、いざそのタクシーに乗ろうとしたら、助手席に乗るようにと言われたそうです。

手持ちのお金が全く無く、1週間後に支払ったそうですが、延滞料金を請求されて支払ったそうです。延滞料金はこの業界では普通の事ですか?ちなみに日中、普通のタクシーだとその病院から自宅までは、1,500円もあればお釣りがくる距離だそうです。深夜料金の福祉タクシー料金12,000円プラス延滞料金3,000円の15,000円を支払いました。この料金は妥当な料金ですか?初めてなので、全くわかりません。

料金についてのご意見は本当に多く、そのほとんどが料金についての「説明不足」と「理解不足」が原因になっていると考えられます。こちらの投稿は母親が介護タクシーを利用した際の料金についての疑問でした。ここで登場する看護師さん、介護タクシー事業者の方、利用したお母様、それぞれに「説明不足」「理解不足」の要素があったのではないでしょうか?

とはいえ、深夜に救急搬送された方に「理解不足」という言い方は適切ではないと思います。今回の件、詳細は分かりかねるのですが、車種によって助手席乗車の可能性もありますし、料金も諸々の条件が重なると日中に利用する一般タクシ運賃の約10倍になる可能性もあるのです。問題はそのことを利用者が理解・納得して依頼できる状況だったのか。という点だと思いました。


今回のみんなのこえは利用料金についての疑問や問題のご紹介が多かったのですが、実際に寄せられるご意見で最も多いのが料金についての内容です。制度の問題もあると思いますが、現状の料金体系をみなさんにしっかりと伝えていくことが大切なのだと思いました。

次回のみんなのこえでは、介護タクシーへの応援コメントやおすすめの情報などを紹介できると良いな、と思っています。皆様からの投稿をお待ちしております。

あなたの声を聞かせてください

介護・福祉タクシー、UDタクシーを利用した感想を掲載しませんか?

あなたが利用した介護・福祉タクシー、UDタクシーについて、感じたことを介護タクシー案内所編集部までお寄せください。不定期にはなりますが「みんなのこえ」でご紹介させていただきます。みんなが楽しく、気持ちよくお出かけできるように。情報をお待ちしています!

情報はお問い合わせフォームよりお願いします。

コラムカテゴリ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone