fbpx

ドライバーインタビュー

介護タクシー幸(さち) 我謝さん

沖縄県 宜野湾市

sachi_ginowan06

12月とは思えない暖かさと青い空、沖縄県宜野湾市で介護タクシー幸(さち)運営する我謝(がじゃ)さんと那覇市のおもろまち駅近くで待ち合わせてお話を伺いました。浦添市で営業している介護タクシーウンテンの運天さんも一緒でした。

団塊世代の10年後の移動を支えたい

介護タクシーのドライバーになったきっかけは?

今はまだまだ元気な団塊の世代が、これから10年後に杖や車いすで移動をしなければならない時代がやってくる。介護タクシーのように高齢者や身体の不自由な方の移動をサポートする仕事がこれから必要とされるのではないかと思い、一念発起して会社を辞めて2013年に介護タクシー幸(さち)をスタートしました。

ginowan_sachi01

沖縄県内で台数の少ない大型車
sachi_ginowan03

電動リフト

団塊世代の10年後・・・。超々高齢化社会到来ですね。幸(さち)という名前はなにか由来があるのでしょうか?

ホームページのサブタイトルにある通り、まさに「幸せとともに」お客様を送り届けたいという思いから名付けました。お客様の立場に立って細心の注意を払った心配りで、また利用してもらえる介護タクシーを目指しています。実際ほとんどのお客様にリピートしていただいています。大変ありがたいです。

sachi_ginowan07

しあわせとともに

事業者同士の横のつながりを大切に

介護タクシー幸のセールスポイントを教えてください。

sachi_ginowan04

広々とした車内
sachi_ginowan05

高い天井

まず24時間年中無休、臨機応変に対応しているところです。乗車人数が多かったり、体格が大きな方だったりするときはウンテンさんに手伝ってもらっています。自分で対応しきれない部分はお互いにサポートしているので、ほとんどの依頼に対応できています。横のつながりは大切にしていきたいですね。

いい関係ですね。今日もお二人一緒のお仕事なんですよね?

はい。お互い助け合いで頑張ってます!あともう一つのセールスポイントは車内オーディオですね。大型のテレビモニタを設置して、スピーカーにもこだわりました。DVD鑑賞ができるので特別支援学校の生徒さんにはとても好評です。その他に100V電源インバーターも装備しています。

ginowan_sachi03

大型テレビを搭載

細心の気配りでお出迎え

突然ですが、我謝さんの好きなもを教えてください。

釣りとDIYです。DIYは仕事にも活きていて、介護タクシーの窓にスモークフィルムを自分で貼ったりしています。細かい作業が好きなんです。ブログもまめに更新しています。

利用を検討されている方にメッセージをお願いします。

日常のお出かけからお盆・お正月の送迎、沖縄観光まで。細心の気配りでお客様の希望に沿ったお出かけのプランをご用意してお待ちしております。沖縄県内どこでもお迎えに上がりますので、お気軽にご依頼ください。

sachi_ginowan09

沖縄観光
sachi_ginowan08

空港送迎

為せば成る

最後に我謝さんの好きな言葉を教えてください。

「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」です。今でこそホームページから予約が入ってきていますが、会社を辞めて介護タクシーを始めた時は不安の連続で、開業当初はウンテンさんにいろいろとお世話になりました。自分からやらなくては何もできない。その気持ちをずっと持ち続けるよう心がけています。


我謝さんは明るく気さくな方で、その小柄な体にはみなぎるパワーを感じました。介護タクシー幸(さち)は沖縄県内でも数少ない大型車両を運行する介護タクシー事業者です。事業者間の連携を大切に県内の介護福祉輸送を支えています。

sachi_ginowan01

介護タクシー幸(さち)

代表 我謝 正幸
沖縄県生まれ、郵便局勤務を経て2013年に介護タクシー幸(さち)を開業。趣味は釣りとDIY。

介護タクシー幸(さち) 情報ページ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone