fbpx

ドライバーインタビュー

介護タクシー エミケア 中村さん

神奈川県 横浜市

emicare_yokohama15

こんなにお出かけのエピソードが豊富なドライバーさんは初めてで驚きました。今日は神奈川県横浜市の介護タクシー エミケア(株式会社エミプラス)ドライバーで代表取締役の中村陽子さんに、生活を楽しむためのお出かけサポートについてお話を伺いました。

この仕事に導いてくれた父親に感謝

ホームページに掲載されていましたが、お父様の介護がきっかけで前職を退職されているんですよね。

そうなんです。父よりも母が先に他界して父の介護を私がすることになり、前職のアパレル会社を退職しました。そこで移動のために購入したのが1台目のセレナ(リフトタイプ)でした。父には本当に感謝しているんです。私をこの仕事(介護タクシー)に導いてくれたので。

emicare_yokohama05

横断幕が目印です
emicare_yokohama06

西日が眩しい時間帯でした

それだけ今のお仕事が充実されているんですね。

開業を決めた時、しばらくの間介護事業所でガイドヘルパーの仕事をさせていただいたり、開業後のお客様になっていただいたケアマネージャーさんも父の介護で知り合ったのがきっかけでした。色々な方とつながることができたのも、父のおかげだと思っています。

emicare_yokohama08

2018年10月ハイエースを新車導入

あと先輩事業者にも言われたことですが、この仕事は感謝されてお金をいただける、やり甲斐のある仕事なんです。感謝されると自分も嬉しいじゃないですか。「やっと家に帰れた、ありがとう。助かりました。」って涙ながらにお礼を言われて、嬉しくない人はいないですよね。

サービス精神が旺盛なんです(笑)

介護タクシー エミケアのセールスポイントを3つお願いします。

  1. 利用していただいた方は必ずリピートしてくださる。
  2. リクエストにしっかりと応える。
  3. サービス精神が旺盛。

ですね。サービス精神が旺盛というところについては、介護しているご家族の大変さが分かるので、何か役に立てることはないかと考えているからなんです。だからいつもできる限りのことをしたいと思っています。

emicare_yokohama09

優しいイメージのロゴマーク
emicare_yokohama07

ピンクのステッカー

お客様にとってはとても有難いセールスポイントですね(笑)。リクエストというと、具体的にどんなものがありますか?

女性ドライバー対応のリクエストです。ご利用者様が女性の場合はもちろん、男性の場合でも付き添いのご家族が女性というケースがほとんどなので「女性で良かった。」といってもらえます。リクエストのほとんどが病院内の付き添い介助やお買い物、お食事の付き添いですね。洋服を買いに行く時など女性が一緒に選んであげたほうがいいじゃないですか。

たしかに。もともと本職ですから洋服選びも安心してお願いできますよね(笑)

平日午後と土日はお出かけ対応

お話を聞いていると買い物や食事など日常のお出かけ利用客も多いようですね。

はい。通院・通所は午前中がピークなので、平日でも午後このくらいの時間(15:00頃)からお出かけの依頼が多くなります。ショッピングなら、ららぽーと横浜とか高島屋によく行きます。一緒に食事をして帰ることもありますよ。

emicare_yokohama10

立位の方も安心の乗降グリップ

移動中が大切な会話の時間

お出かけの依頼がなかなか来ないという介護タクシーも多いのですが、お出かけ需要をどうやって生み出しているのでしょうか?

良く会話をして仲良くなることですね。家族や友人と近い感覚で悩みやグチを聞いたり、好きな音楽やスイーツの話をしたり。事情を聞いて気持ちを察することもできるし、お互いに共感することが見つかるんです。だから私は移動中のお客様との会話を大切にしています。

お客様とのお出かけエピソード、たくさんありそうですね。

ええもちろん。20代女性のお客様と一緒にコンサートやディナーショーに行ったこともありますし、男性のご利用者様に「今日は病院1日がかりだから朝マックしてから行こう!」と誘われたり…(苦笑)。

私のお客様は通院でも片道30分~1時間かかる病院までいかれる方が多いので、移動中にいろんな話をして打ち解けて「次はお出かけしよう。」となることもあるんです。ちょっとしたお出かけでも一緒に楽しんでもらえればそれだけで嬉しいですからね。

emicare_yokohama13

電動リフト
emicare_yokohama18

整理整頓された車内

家族の負担を減らしたい

お客様に便利で快適にご利用いただけるように工夫をされていることはありますか?

施設から病院までの送迎で、病院でご家族と待ち合わせすることがあります。ご家族が朝イチの病院の診療に間に合うように施設へ迎えに行くには、かなり朝早く家を出なければならないことが多いんです。そこで私が一人で施設にお迎えに行ってご家族の待っている病院まで送り届けます。

お互いに信頼関係がないとできないことですが、お仕事のあるご家族などに喜んでいただいてます。家族の介護負担を少なくすることも私たちの大事な仕事だと思っています。

おっしゃる通り。きっとご自身の介護経験も活きているんですね。他に何か工夫されていることはありますか?

emicare_yokohama12

AD-W6らく段を導入
emicare_yokohama19

階段介助も安心

あります!神奈川県で弊社が初導入した電動階段昇降機「AD-W6らく段」です。女性でも階段介助を安心して任せていただけるように。お客様からの要望もあったので思い切って導入しました。

展示会で見たことはありますが実際に利用している方にお会いするのは初めてです。これなら体格の大きな男性の方を乗せても大丈夫ですね。

「笑みケア」と「笑みプラス」

お時間も迫ってきたので、最後に介護タクシー エミケアの利用を検討されている方へメッセージをお願いします。

私のモットーは「断らない、断りたくない」です。どんな状況にも対応できるように最新の設備を用意してお待ちしております。何かお困りごとがあればご相談ください。できる限りのアドバイスや笑顔で癒しを感じていただけるようにお手伝いさせていただきます。

emicare_yokohama20

ハート&スマイルでお迎えします

有難うございました。そういえば中村さんのお名前は「えみ」さんじゃないですよね。てっきりエミケアの「エミ」はお名前かと思っていました。

よく言われますが違うんです(笑)。エミケアのエミは「笑み」です。笑顔でケアをしたいという思いで名付けました。会社名のエミプラスも「笑みプラス」なんです。エミケアのキャッチコピーは「ハート&スマイル」。障がい者や要介護者、そしてご家族に笑顔を運ぶ介護タクシーです。


限られた時間でのインタビューでしたが、中村さんは話すのも聞くのも上手で、時間を考えて相手に気を配りながら言いたいことをしっかり伝えることができる、コミュニケーション能力が高い人なんだな、と感じました。「中村さんと一緒にお出かけを楽しみたい。」そう思う方がいても不思議ではない、とても魅力のある方でした。

emicare_yokohama16

株式会社エミプラス(介護タクシー エミケア)

代表取締役 中村 陽子
神奈川県生まれ。父親の介護をきっかけに運営を任されていたアパレルセレクトショップを退職。2017年に株式会社エミプラスを設立。自宅にワインセラーを持つほどのワイン好き。趣味は全く上達しないゴルフ(本人談)。中型バイク免許、2級船舶免許を取得しているアクティブな女性ドライバー。

介護タクシー エミケア 情報ページ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone