fbpx

介護タクシーコラム

杖を選ぼう!~お気に入りの一本~

ライフスタイル

「朝には4本足、昼には2本足、夕方には3本足の生き物は何か?」これは、ギリシア神話にでてくる有名なスフィンクスのなぞなぞです。

答えは「人間」。赤ちゃんの時は4本足でハイハイをし、やがて2本足で歩く。そして、年を取って足が弱ってきたら、第3の足として杖をつく。人は昔から歩行を補うために杖を使ってきたのですね。

杖はもう一つの自分の足

歩行を助ける杖は安全に歩ける事が最も大切です。そのためには、歩行状態などに応じて杖を選ぶ事が肝心。軽いサポートからしっかり体重をかけられるものなど、様々な種類の杖があります。

歩行バランスが比較的よい方に
多脚杖は着地面積が広く安定

※画像をクリックするとAmazonのページが開きます。

外出時の杖の置き場所

外出中、店内で食事をする時やトイレなど歩いていない時もあります。そんな時の杖の置き場所、ちょっと悩みますよね。どこかに立てかけた杖が倒れてしまうなど、不便を感じることがあると思います。いつもバックなどを持ってお出かけする方は、そこに入れられる折り畳み杖、一本杖派の方にはテーブルなどにかけられるステッキホルダーはどうでしょう?

コンパクトな折り畳み式
ステッキホルダー付き

※画像をクリックするとAmazonのページが開きます。

ポイントは「若見え」

私の母親もだんだんと足腰が弱くなり、杖を使う機会が増えてきました。 初めて杖を買う時、母は「明るい色がいいね。年寄りっぽく見えないものにしたい。」と言いました。友人の親御さんも、杖を持つことで周囲の人から「あの人、急に老けたね。」と言われるのでは、と気にしていたそうです。オシャレで若々しいデザインも大切なポイント!洋服とのコーディネイトを楽しむのもありかもしれません。

おしゃれなチェック柄と可愛い花柄

※画像をクリックするとAmazonのページが開きます。

歩くことを喜びに

海を眺める老夫婦

今は杖のバリエーションも多く、身体の状況、色や素材、そしてデザインなどに応じて選べるようになっています。数ある杖の中から、お気に入りの一本を見つけてみませんか?自分にぴったりの杖を選んで歩く喜び、行きたいところへ出かけられる楽しみを感じましょう!

黒猫

著者紹介

編集部 C子
両親も後期高齢者の仲間入りを果たし、介護の入口に立っているAround50。子育てと仕事に奮闘中。

コラムカテゴリ

Share on FacebookTweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone